不燃ごみで処分していいの?

目に見えない部分での生活必需品で、災害時などに大きく威力を発揮するのが乾電池。最近では充電電池が一般的になってきていますが、それでも使い捨て電池の需要は後を絶ちません。では使い終わった電池はどう処分すればいいでしょうか?燃えるごみではないだろうけど、では不燃ごみとかでそのままごみに出してしまっていいのだろうか・・・?のように疑問に思われている方もまだまだ多いかと思います。

カセットガスや使い捨てライターは中身を使い切ってしまえば、分類に気を付ければ自治体のごみに出せますが、電池に関しては自治体で処分の可否が完全に変わっています。受け付ける自治体では不燃ごみの扱いが多いようですが、前まで住んでいたあそこでは回収していたのに、引越した先では受け付けてくれないという事も珍しくありませんので、前もって市区町村の広報誌などで確認しておいた方がいいかもしれません。

店頭にある回収BOXを活用

一番間違いない処分方法としては、家電量販店など電気機器を取り扱っているお店の店頭にある回収BOXに持ち込む事です。電池の種類により回収BOXも変わってきます、いわゆる乾電池やボタン電池、充電電池は種類が違うものになりますので、間違えて箱に入れてしまわないよう注意してください。

すぐ重くなるので注意!

気を付けなければならない事として、乾電池はひとつひとつは大した重さにならないですが、ちょっとまとまった量になるとすぐに持ち運ぶのが億劫になる重さになってしまいます。買い物ついでに回収BOXに寄れるくらいの気軽な量にまとめてこまめに出すのが賢い処分法です。

※大量の引越ごみやゴミ屋敷の不用品などをまとめて片付けたい方、
事業系ゴミの処分にお困りの方は弊社までご相談くださいませ。
日本撤去株式会社 お部屋片付け隊
お客様ご相談センター 0120-538-104
(年中無休 09:00~20:00)
http://kataduke.net/