古い灯油は絶対に使わない!

去年の冬に買ってその年の内に使い切らなかった灯油、これをもったいないと言って今年に使おうとすると非常に危険です。赤いポリタンクはあくまで簡易的な容器になりますので、長時間入れておくと灯油自体が変質してしまい、一般的な暖房などに使えなくなります。日の当たらない場所や涼しいところに置いておいて黄色く変色しますし臭いも少しおかしくなるのですが、これをそのまま暖房器具で使おうとすると故障の原因になりますし、最悪機器の故障が火事を引き起こす事にもなりかねません。買った灯油はなるべく早めに使い切りましょう。

とはいえ暖房に使う事を考えるとどうしても買い置きしてしまう灯油、思った通りに使い切れるものでもありません。余ってしまった灯油はどのように処理すればいいでしょうか?

使い切る or 処分してもらう

一番間違いないのは「とにかく使い切る」事です。しかし寒くもないのにわざわざお部屋の中でガンガンに暖房を炊く事はありません。目の届く範囲でストーブが灯油を燃してしまえばいいので、例えば窓から見えるお庭に置いて灯油がなくなるまで暖房をかけておく。こんな使い方もできます。

お庭のない家ではなかなかこうはいきませんので、現実的にどこかで処分する事を考えなければなりません。そこでもう一つの提案は「ガソリンスタンドで処分してもらう」、です。ガソリンスタンドでは車のオイル交換などのサービスをしていますが、その際に出る廃油を廃油タンクに収める事で一元管理していますので、もし馴染みのガソリンスタンドがあれば所長さんにご相談してみてください。一般的には処分料金が発生しますが、場所によっては無料で引き受けてくれるところもあるようです。セルフスタンドよりはフルサービスのガソリンスタンドの方が融通きくかも?

裏ワザ:銭湯があれば?

以前は燃料にするように銭湯が処分を引き受けていたなんて話も聞きましたが、今は銭湯自体の数が少なくなっています。もし現役で稼働している銭湯があればそちらでもご相談してみてください。

※大量の引越ごみやゴミ屋敷の不用品などをまとめて片付けたい方、
事業系ゴミの処分にお困りの方は弊社までご相談くださいませ。
日本撤去株式会社 お部屋片付け隊
お客様ご相談センター 0120-538-104
(年中無休 09:00~20:00)
http://kataduke.net/