消火器の破裂は大事故に繋がる

食べ物に賞味期限があるように、消火器にも耐用年数(一般的に8~10年)があります。それを過ぎた消火器もそうですが、置いてある消火器の中には大きく錆びていたり腐食している消火器も散見します。消火器は非常に高い圧力で消火剤を噴霧させますので、消火器自体にエラーが出て破裂したりすると、大きな事故に繋がる事もあり非常に危険です。状態によっては早めに買い替えるなどしましょう。

ホームセンターでは新しい消火器を購入すると、古いものを引き取るサービスをしているところもありますが、新品が必要ない、ただ古い消火器を処分する場合はどうしたらいいでしょうか?

廃消火器リサイクルシステム

2010年1月1日から、消火器メーカーが協力して作り上げた「廃消火器リサイクルシステム」の運用が始まりました。販売代理店などが窓口になり、引き取り・持ち込み・ゆうパックでの回収などの方法を確立し、痛ましい事故を防ぐと共に古い消火器の各部品などを再利用する取り組みです。

これにより今まであいまいだった消火器処分の手順が明確になりましたので、是非ともご利用ください。

以下リンク先でお近くの取り扱い窓口が検索できます。

http://www.ferpc.jp

法人での処分の場合は産廃マニフェストと同様に引き上げ伝票の5年保管が義務になっています。詳しくは各窓口でお問い合わせください。

※大量の引越ごみやゴミ屋敷の不用品などをまとめて片付けたい方、
事業系ゴミの処分にお困りの方は弊社までご相談くださいませ。
日本撤去株式会社 お部屋片付け隊
お客様ご相談センター 0120-538-104
(年中無休 09:00~20:00)
http://kataduke.net/