簡単に処分できない気持ち

お仏壇や仏具などはなかなか処分しづらいものの一つです。特にお仏壇は箪笥と同じように粗大ごみで出して、とはなかなかお考えになられるものでもないと思います。

以前はお寺がお預かりしてからお焚き上げされるのが一般的だったようですが、ダイオキシンの影響などから各自治体の条例により敷地内でもものを燃やす事ができなくなってしまいましたので、ご自身でどう処分されるかを考えなければなりません。

考え方の一つになりますが、多くの方々はお仏壇をあくまで「入れ物」とお考えになっているケースが多いようです。魂がこもっているものは「ご位牌」や「ご本尊」のみ、その他仏具は道具として考えます。すると本当に大事なものはどれなのかが自ずと分かってくるかと思います。

後悔しないようにするには

とはいえ、やはりそのまま粗大ごみに出すのも後ろ髪引かれるのは当然の事です。少しでも引っかかるところがあるのならば、一度お世話になっているお寺にご相談された方がいいかもしれません。お仏壇屋さんなら有料で引き上げるサービスも行っています。宗派によってはリサイクルを受け付けているお店もあるようです。

お仏壇や仏具の処分はご家族にとってもデリケートな問題です。後々トラブルにならないようしっかりご家族やご親族間で打ち合わせる事も大事な事です。

※大量の引越ごみやゴミ屋敷の不用品などをまとめて片付けたい方、
事業系ゴミの処分にお困りの方は弊社までご相談くださいませ。
日本撤去株式会社 お部屋片付け隊 お客様ご相談センター
0120-538-104 (年中無休 09:00~20:00)
http://kataduke.net/