不浄(陰)の代表格

ものを食べる場所を片付けたら、次はそれを出す場所を片付けましょう。

トイレは家の中でも特に悪い気がたまりやすい場所になります、陰陽説でいうところの「陰」の代表格です。そうでなくとも悪臭・湿気のたまりやすいところですし、トイレ特有の狭さから、放っておくとすぐに悪い気が飽和状態になってしまう独特の場所でもあります。

他の場所をどれだけきれいにしていい気を呼び込んでも、気の流れの途中にムンムン悪い気を放っている場所があれば、せっかくのいい気に大きく影響を及ぼしてしまいます。

常にバランスの悪さが際立ちますが、きれいに使えれば今まで以上に運気を上げる事も可能な場所です。ワンステップ上の自分を目指して、お掃除に気持ちを向けていきましょう。

 

掃除はあとで・・・は禁物!

風水云々を抜きにしても、トイレの掃除はこまめにしないと汚れがなかなか簡単に落ちない強いものに変貌してしまいます。

一番分かりやすいものが尿石です。尿のカルシウム分が便器の縁についたりすると、これがなかなかきれいに取りきれません。洗剤である程度は溶かせても、結局紙やすりなどで削っていくような作業になります。また、陶器でできた便器ですが、汚れをそのままにしておくと陶器自体に汚れが染み込んでしまう事もあります。こうなると現実的に完全に汚れを落とす事は難しく、風水的にも100%悪い気を防ぐ事は出来なくなってしまいます。

そして何より、人間どうしても少し放っておくだけでお掃除がどんどん億劫になっていきます。汚れれば汚れるほど手を付けられなくなってしまう、よくある話ですが、実はこんな風に思っている人こそ、既に気持ちが「陰」に入っているんですね。

風水的にも現実的にも、取り返しがつかない事にならないよう、「掃除はあとで・・・」のような気持ちに負けずに、逆にトイレが好きになるような環境を作っていきましょう。

 

トイレをきれいに保って金運アップ

トイレは水が欠かせない場所ですが、風水では「水」と「金」は相生関係にあり、非常に相性のいいものになっています。水の多い場所や使う場所を大事にすることで金運アップにもつなげられるのです。流行っているお店のトイレはどこも清潔にされています、あなたがひいきにしているお店はどうでしょうか?

 

1、常に便器のふたを閉めておく

お掃除というよりも普段使いでの問題です。先ほども書いたようにトイレは「陰」の場所になりますが、一番悪い気が出てきている便器が開放された状態だと、常にトイレから悪い気が放出される事になってしまいます。悪い気が溜まらないように便器のふたを閉めるクセをつけて、換気を心がけましょう。

2、トイレに本棚を作らない

ちょっと読むくらいならいいのですが、常にトイレに本が置いてある状態はいけません。紙類は悪い気が付きやすいものですので、置きっぱなしにすると悪い気を出し続ける本が出来上がってしまいます。どうしても置くなら読み捨てても構わない本にしましょう。

3、暗い色の道具を使わない

暗い色の道具には悪い気が堆積しがちです。トイレはそうでなくとも悪い気が出てくる場所ですので、気を相殺できるような色の道具を使いましよう。あまり派手すぎず明るい色のタオルやスリッパ、マットなどを使って明るい空間にしてください。もちろんスリッパなどはこまめに掃除すること!

※大量の引越ごみやゴミ屋敷の不用品などをまとめて片付けたい方、
事業系ゴミの処分にお困りの方は弊社までご相談くださいませ。
日本撤去株式会社 お部屋片付け隊
お客様ご相談センター
0120-538-104(年中無休 09:00~20:00)
http://kataduke.net/