・背抜きゴム手袋

工場や物流業者がよく使う手袋です。手のひら側一面にゴムが貼ってあり、ものを持つ際の滑り落ちや怪我を防ぎます。自分の手よりも少し小さいくらいのサイズのものを選びましょう、重いものを持つときのグリップ力が抜群に上がります。

木製品のささくれで手を痛めるような事故も防げます。ちょっとした力仕事に万能の手袋ですので、車にも載せておけば重宝するかも。

・バール

さまざまな大きさのものがありますが、あまり大きいものになると可動範囲が大きくなり、部屋の中で家具を解体する際など大きさを持て余す事があります。各サイズあれば一番いいですが、まずは全長3~40センチくらいのものが一つあれば十分です

・のこぎり

これも木製品などを解体するときに重宝します。大工さんが使われるような本格的な物でなく、持ち手がゴムでできていて歯が折りたためるようなタイプのものの方が収納にも優れていて便利に使えます。

・電動ドライバー

インパクトドライバーやドリルドライバーと呼ばれる電動工具です。ネジを手で締めたり緩めたりの作業が多数あると、素手での作業もなかなか順調にいきません。電動ドライバーが一つあればそれらの作業も格段に効率的になります。特に家具の解体作業ではバールや力づくで壊すのではなく、板の形通り解体していけますので、解体が終わった後も床に残材が散らばったりしません。作業後の清掃なども楽になります。

・一般的な工具

プラスドライバー・マイナスドライバー・モンキーレンチ・ペンチ・ニッパーなどは日常的な道具としても色々役に立ちます。ここに書いてある事全てにおいてですが、別段高価なプロ用を揃える必要はありません。ホームセンターでセットで売っているようなもので十分です。ただそれがあるとないとでは格段にやれる事が変わってきますので、ご用意いただけるといいかと思います。

・いらない毛布

部屋の真ん中に敷くと、それだけで床の養生になりますし、あとで掃除を気にしなくてもいいスペースになります。引き出しの中にある細かいものをひとつひとつ眺めながら要不要を分別するよりは、敷いた毛布の上にばら撒いてから広く見分ける方が分けたものとごっちゃにならず作業が楽です。

※大量の引越ごみやゴミ屋敷の不用品などをまとめて片付けたい方、
事業系ゴミの処分にお困りの方は弊社までご相談くださいませ。
日本撤去株式会社 お部屋片付け隊
お客様ご相談センター 0120-538-104
(年中無休 09:00~20:00)
http://kataduke.net/