クエン酸とは

重曹がアルカリ性ならクエン酸はその名の通り酸性の性質を持っている調味料と言えます。柑橘類や梅干しなどに多く含まれている酸味の元になっています。こちらも天然由来の物質なので人体にも地球にも優しいすぐれものです。ちなみに漢字だと「枸櫞酸」と書くそうです、難しい字ですね。

クエン酸の性質

1、酸性の物質

消毒・殺菌作用があるので、食品の除菌にも使えますし、雑菌が原因の生ゴミ・腐敗臭を消すのにも効果的です。おしっこの臭い(アンモニア)もアルカリ性になるので、トイレの消臭などに威力を発揮します。

2、水回りの汚れに強い

蛇口の先やお風呂場の水回りなどに目立つ白い塊は水道水に含まれたカルシウム分やカルキが結晶化したものになります。これらもアルカリ性の汚れなので、クエン酸を使ったおそうじに効果が見込めます。水あかや石鹸かすなどにも強いので、水回り全般のおそうじに便利に使えます。

3、重曹でのそうじ後の中和剤として

油汚れなどをアルカリ性の重曹など使って落とした後にクエン酸水をスプレーしてなじませるだけで、水ですすいだ後のようにすっきりと仕上がります。

4、お酢で代用できる

酢もクエン酸と同様の働きをします。改めてクエン酸を購入される前に一度試していただいてもいいかもしれません。ただし無臭クエン酸と違いお酢独特の臭い(酢飯の臭いですね)が使った後しばらく残りますので、お酢の臭いが苦手な方はクエン酸を使ってください。またできれば他の調味料が入ったものは使わない方が無難です。

種類

重曹と同様に薬用・食用・工業用の3種類があります。こちらも機能としては大きく変わるものではありませんが、手に入りやすさや安全性を考えると食用(食品添加物)のものに軍配が上がるかと思います。

使い方

基本的には水に溶かしてスプレーする使い方が一般的です。こちらの「プロが教えるお掃除マニュアル」でもほとんどがスプレーになります。クエン酸小さじ1対水200ccを混ぜるだけで出来上がりです。

要注意!

重曹に比べて化学反応が強くなりがちです。特に大理石・タイル・セメント・鉄・ステンレスに使うと錆・変色・劣化の原因になります。万が一付いた場合は速やかに水ですすいで流してください。また、塩素系洗剤などと混ぜると有毒ガスが発生する事があるので、絶対に同時に使ったり混ぜたりしないでください!

 

※大量の引越ごみやゴミ屋敷の不用品などをまとめて片付けたい方、
事業系ゴミの処分にお困りの方は弊社までご相談くださいませ。
日本撤去株式会社 お部屋片付け隊
お客様ご相談センター
0120-538-104(年中無休 09:00~20:00)
http://kataduke.net/