夫の遺品からエッチな物が

東京に独りで暮らす旦那様が病気で急逝されました。地方に住む妻(元妻?)が駆けつけ遺品整理との事でお伺いいたしました。訪問しインターホンを押すと中から奥さまが出てきて「業者さん。」と言いながら泣き崩れたのです。

私も明るく「気を落とさないでください。」と声をかけますと。

違うのです、見てください。

部屋の真ん中に置かれた複数の段ボール箱。

お亡くなりになられた旦那様の荷物です。見ると段ボールの中からエッチな物が。

「こんなものを残していくなんて、恥ずかしくてどうしたらいいか。」 

今アダルトビデオ業界は5000億円産業なんて言われています、残された部屋からアダルト系の物が出てくるなんて日常茶飯事です。当たり前の事なので私どもが動揺することはありません。いまさら何も思う事はありませんが、奥さまには相当ショックだったようで、「汚らわしい!」と怒りをあらわに。

男なら当たり前の事ですから、と奥さまをなだめ荷物は当社で引き取り、

亡くなった旦那様を想いしっかり処分いたしました。

自宅のエッチな物を片付けておこうと心に決めた事件でした。