不用品実家に送り付けていませんか?
親が亡くなり実家の遺品整理なんてのはよくある案件です。
物が多くて大変な案件は、戦争体験者のお婆様が粗品のタオルや使える物を大事に収納している場合などが多いです。
もちろんまだ使える物を捨てるのはもったいない行為ですが、粗品のタオルが段ボールに5ケースって。
80歳を超えるおばあちゃんにはもう使い切れません。
それよりそのスペースを有効に使って快適に過ごしていただきたいと思います。
さらに多いのが結婚して独立されたご家族の方が要らなくなったものをトランクルーム代わりに荷物を置いてしまう場合。
お年寄りの方は通常物が少なく費用もあまりかからない事が多いのですが。
それ以外にも物が多いと感じる物件はベビーカーやランドセルや孫の要らなくなったものがどっさりある場合があります。
そんなに処分代がかかるの?とおっしゃるご家族が多いですが、
そうです、実家には住んでいる人よりお子様ご兄弟の思い出の品や不用品がすべて詰め込まれているのです。それなりの費用がかかってしまいます。
不用品を実家に送り付ける行為は負担を押し付ける事にもつながりますのでご理解ください。