・火花が出ました

もうやりません。

昔の失敗です。

何年も何千件もゴミ屋敷を片付けてきていますのでこんな失敗はもうないのですが。

テレビで見るような家電と布団と何もかもが混ざり合ったゴミ屋敷の清掃を行っております。

こういった方は家から出ない生活の方が多く電脳部屋になっている事があります。布団を引っ張り出そうとしても、LANやUSB、電源コードなどが複雑に絡まりなかなかうまく進みません。足の踏み場を間違えると「シュー」と何かガスが噴き出るような音がします。整髪料ならいいけど可燃性ガスなら非常に危険です。その中若いスタッフが処分のビデオデッキを持ち上げると実はまだ繋がっていた電線がちぎれてしまい「バチーン」音とともに火花が走り、ブレーカーが落ち真っ暗に。

もう、10年ほど前の失敗ですがこのことは忘れられません。今はそんなことはありません。ブレーカーを落とし、各電源を外してから撤去作業を行います。

ゴミ屋敷と火事はとても関連性が高く。ゴミ屋敷で火事になったという相談が後を絶ちません。

火事になってはもう手遅れです。早めの対処をお勧めします。