5年前に大分から熊本に引っ越しました。総距離、約100km。3DKのアパートから一戸建ての実家への引っ越しです。大手の引越し会社から地元の小さな引越し会社まで見積もりを請求しました。大手の場合、約20万円。その代わり、梱包からセキュリティーまで完璧でした。地元の会社は色々と手間はかかりますが、7~8万円程度の金額でした。その頃の私は、第一子を身ごもった妻と2人暮らしで、お金に余裕はありませんでしたから、結局は地元の会社にお願いしました。それからの準備はやはり大変でした。引越し約3ヶ月前から準備を始めましたが、生活はしながら、かつ梱包作業はしなければならない。使う物は残し、使わない物を詰めていく。判断と決断と実行の連続です。その上、仕事から帰ってからの作業です。会議で遅くなる日などはできません。そういった日を積み重ねながら、実家の母にも手伝っていただき、何とか当日を迎えました。当日も業者の方と連携しながら、冷蔵庫など、大型物品を運び出したり、全て出し終わった後、全部屋を掃除したりと忙しく働き、アパートの鍵を返して解約する手続きを済ませて、いざ熊本へ。到着後は荷物の運搬を手伝いながら、運び込んだ物をどこに置くかを考えて、搬入。ホントに1日がかりで、部屋は段ボールだらけのまま、次の日は仕事に行きました。でもなんでしょう。すんごい充実感はありましたね。約3ヶ月前から準備していよいよ当日を迎え、その当日を無事終えた充実感。あー、俺はやり遂げたと。新たな生活に向け、俺はやり遂げたと。お母さん、嫁さん、業者の方、本当にありがとう。これからの新生活。乗り越えなければならない壁は幾多もあるだろうけど、今日のように計画性をもって、地道にコツコツやっていけば、きっと光は見えてくるのだと。なんかそういう気持ちでいっぱいでした。金銭的に余裕のある方は、大手の業者の方が断然楽で、手間暇はいりません。ただ、私みたくビンボーサラリーマンには、かなり苦しい出費になります。でもそれはそれで得るものもあります。自分のことはなるべく自分でやり遂げたい。全てのことはできないけれど、自分の力で、家族の力でやり遂げたい。そう思える方、またそう思える家族をお持ちの方は、安価で済む業者選んでも間違いはないかもしれません。引越しというのは、人によっては人生の一大イベントです。それをどう活かすか。様々な受け取り方があると思います。今の生活スタイルを十分に考慮した上で、家族にとって良い方法を選択する。それで良いと思います。ただ引越しを通して、私は家族との絆を更に深くできた。そう感じています。