ゴミ屋敷が生まれる理由は殆どの場合二つに分けられます。一つは掃除が出来ないという人、もう一つは物を捨てることが出来ないという人です。掃除が出来ないということと物を捨てられないという事柄は似てはいますが決してイコールではありません。ゴミ屋敷の場合厄介なのはむしろ後者にあたります。掃除が出来ないゆえにゴミ屋敷になっている場合は一念発起して掃除をするか、あるいは業者などの第三者に任せてしまえばいいのですから。それに引き換え、物を捨てられないという方はゴミならばきちんと処分出来る人なのです。しかしながら、普段は使わないけどいずれ使うのではないか、とか、もう使うはずもないのだけれど思い出が残っているから捨てられないとか、何かと理由を付けて家にある余分な物を処分出来ないという側面をも持つ人たちなのです。それが収納するのに十分なスペースさえあれば問題ないのですが、そうでなかった場合あたかもゴミ屋敷のようになってしまうというわけです。そんな方々がゴミ屋敷状態を解消したいのであれば、お勧めする方法はただ一つです。「考えないで捨てる」、これに限ります。このような人が物を捨てられないのは捨てようとしたときにいるかどうか考えてしまうからなのです。結局普段から使わないような物を捨てるかどうか迷った時にはもう答えは出ているようなものなのですから、邪魔だと思ったら細かいことは考えずに捨てる、これが最適なのです。