リサイクルを推進していくことで、ゴミの発生量と排出量の大幅な削減をしていくために多くの地方自治体では、ゴミの分別が義務付けられるようになって来ましたが、その際注意しなければいけないことがあります。地方自治体によってルールの違いはありますが、マヨネーズやケチャップの容器などのプラスティックゴミを出すときに洗うなどしてちゃんと処理をしないとリサイクルすることが出来ないのでそういう指示があった場合は処理をしてからゴミ出しをしてください。全国で統一したゴミの分類のルールが統一出来れば楽になるのかもしれませんが、埋め立てが必要なゴミを減らすことで埋立地の寿命を延ばすこと、古いタイプの焼却炉を使っている自治体だと高温で焼却することが出来ないためダイオキシンの発生が問題になるなど地方自治体それぞれに大なり小なり問題があって、現状ではルールの統一をすることは無理があります。それでも最近では公害防止装置の付いた性能のいい焼却炉に切り替わってきてはいますが、中には他の地域に焼却処理を依頼している自治体もあります。過剰な包装など無駄にゴミが出るようなものを購入しないことでゴミを減量していくということもありますが、生きていく上で大なり小なり何かしらのゴミは出てしまいます。それはそれで仕方ないのですが、問題はそのゴミを早いうちに何とかしないと後の世代にまで問題を押し付けてしまうことに繋がってしまうことになってしまうために、リサイクルできるものはリサイクルに回すなどしてゴミの減量をするなどして、今出来ることは今やっておくことがいいのだと思いますが、いきなりすることは難しいので身近で出来ることから少しずつゴミを減らしていく努力が必要なんだと思います。ゴミの分別は、20種類以上に分類しなければいけないようなところもあったりしますが、地方自治体によって焼却場の規模や焼却温度の違いなど様々な事情からゴミの分別のルールは違いますので、引越しなどで住む場所が変わったときには確認をしておかないと、間違った分別をしてしまうことで周囲とのトラブルの原因になることもあります。ですので、ゴミの分別マニュアル冊子にしたものを配布していたり、インターネットで自治体のサイトを見るとゴミの分別について掲載されていたり、自治体によって違いはありますが何かしらの広報をしていますので、ゴミを出す際にはきちんと確認をして出してください。